SOULWAVE

PSO2 Ship3で活動中!チーム「SOUL」のPSO2情報サイト

チームメンバー募集中!

【PSO2】ハンターのスキル振り【EP4】

PSO2 EPISODE4(Lv80)に対応したハンター(Hu)のスキルツリーです。

優先度が高いスキルを中心に、自分の好みやプレイスタイルに合わせてカスタマイズしましょう。
スキルツリーを見直したい方や、新しくクラスを始めたい方にもおすすめです。

尚、掲載しているスキルツリーは一例であり、それ以外のスキルツリーを否定するものではありません。
あくまでも個人的なおすすめとなっています。

クラスについて

ハンター(Hu)は高いHPと防御力を持ち、単独での戦闘能力に優れるクラスです。

生存率や攻撃力を大幅に上げることのできるスキルを多く持っており、優秀なスキルの多さから、スキルポイント(SP)が余ることはまずありません。
ジャストアタック(JA)時の威力を上げることのできるスキルも多く、サブクラスとしても優れています。

専用武器は「ソード(大剣)」「ワイヤードランス(自在槍)」「パルチザン(長槍)」の3つ。
これらの武器アクションはいずれもガードとなっており、ガード関連のスキルも多く存在します。

サブクラス選択

ハンター(Hu)をメインクラスとして運用する場合、サブクラスは以下のものが選択肢として挙げられます。

  • ファイター(Fi)
  • ブレイバー(Br)

Hu/Fiは近接火力が一番高くなる構成ですが、スタンスの特性上敵の向きによってダメージが変動します。
Hu/BrはHu/Fiと比較して小回りが利きやすく、カタナも使用できるのが特徴です。

メインクラス用

ハンターをメインクラスとして運用するためのスキルツリーです。
前述の通り、ハンターはスキルポイント(SP)が枯渇しがちなので、メインクラス用とサブクラス用でツリーを別に作成することをおすすめします。

ハンターをメインクラスとして運用する場合は、前述の専用武器を使うことになります。
サブクラスの武器を使用したい場合は装備条件に注意しましょう。

攻撃重視型ツリー

俗にフューリーツリーと呼ばれる、攻撃力を重視したスキルツリーです。
フューリースタンスを中心に、火力を強化するスキルを多く習得します。

攻撃重視型ツリー
スキルシミュレーターで見る
マッシブハンターやオートメイトハーフラインなど、好みが分かれるスキルも多く存在します。
自分の好みやプレイスタイルに合わせてカスタマイズして下さい。

画像 スキル名 優先度 解説
HPアップ1 HPアップ1 必須 多くのスキルの前提となるスキル。
まずはこのスキルをLv5まで取ろう。
JAボーナス JAボーナス1
JAボーナス2
必須 前提スキル。1と2の効果は乗算され、両方Lv10で121%となる。
どちらも全振りすべきだが、育成中であれば、
1と2のレベルが均等になるように振っていった方がお得。
フューリースタンス フューリースタンス 必須 攻撃を重視するなら必須のスキル。前提スキルでもある。
習得レベルが低いとデメリットが痛いため、早めにLv10にしてしまおう。
フューリーSアップ フューリーSアップ1
フューリーSアップ2
必須 フューリースタンスを強化するスキル。どちらも全振り。
育成中であれば、先にフューリースタンスを最大まで習得した方が良い。
フューリーコンボアップ フューリーコンボアップ 必須 フューリースタンス中のJAを強化するスキル。全振りしよう。
他のフューリー系スキルと違い、こちらはテクニックの威力も上がる。
ステップアドバンス ステップアドバンス 4振りまたは全振り。
他クラスにも同じスキルが存在するため、サブクラスで取るのも可。
ソードギア
ワイヤードランスギア
パルチザンギア
ソードギア
ワイヤードランスギア
パルチザンギア
自分が使用する武器のギアは必ず振っておこう。
ハンターの武器を使わない場合は、必ずしも必要ではない。
ハンターギアブースト ハンターギアブースト ハンター武器のギアゲージの上昇率にボーナスを得るスキル。
最低でも1振りはしておきたい。メインクラスのみ有効な点に注意しよう。
チャージパリング チャージパリング ハンター武器のチャージPA開始時にジャストガードが可能になるスキル。
ソードやパルチザンとは非常に相性が良く、強力。
振るなら全振りしたい。
レアマスタリーハンター レアマスタリーハンター ☆10以上の武器を使うのであれば1振りしておきたいスキル。
Lv2以降を習得する価値はほとんどない。
オールガード オールガード ハンター武器のみ全方向にガードが可能になるスキル。
ハンター武器を使うのであれば取っておいて損はない。
ウォークライ ウォークライ ウォーブレイブの前提スキルとして使う場合は3振りでOK。
使用には若干のリスクが伴うことに注意しよう。
ウォーブレイブ ウォーブレイブ ウォークライを習得するなら全振りしたいスキル。
緊急時のPP回復手段としても有用。
ガードスタンス ガードスタンス 「オートメイトハーフライン」と「フラッシュガード1」の前提スキル。
「マッシブハンター」を取得する場合にも必要。
フューリースタンスと併用は出来ないので、前提分の3振りでOK。
勿論、これらのスキルを取らない場合は不要となる。
オートメイトハーフライン オートメイトハーフライン HPが50%未満になったとき、自動でメイト系アイテムを使用するスキル。
回復アイテム使用の時間を省略して攻撃することができるが、過信は禁物。
習得するのであれば全振り。
フラッシュガード1 フラッシュガード1 「マッシブハンター」の前提スキル。
3振りでOK。
マッシブハンター マッシブハンター ダメージを減少させ、打ち上げや吹き飛ばしも防ぐスキル。
習得する際は残りのSPや自分のプレイスタイルと相談して決めよう。
ジャストガードPPゲイン ジャストガードPPゲイン ハンター武器を使うのであれば取っておいて損はないスキル。
ヒーリングガード ヒーリングガード
アイアンウィル アイアンウィル ある程度の事故防止にはなるが、確実ではないため優先度は低い。
お守りとして1振りするのもアリ。
フューリークリティカル フューリークリティカル フューリースタンス中のクリティカルヒット率をアップするスキル。
どの程度恩恵があるかは使用する武器によるところが大きい。
クリティカル時のダメージをアップさせる潜在能力と相性が良い。
HPアップ HPアップ2
HPアップ3
数字が大きいものほど効果が高い。
1,2,3全てをLv10にすることでHP+225となる。
打撃アップ 打撃アップ1
打撃アップ2
打撃アップ3
数字が大きいものほど効果が高い。
1,2は前提分のみ習得し、3だけLv10にするのも良いだろう。
1,2,3全てをLv10にすることで打撃力+225となる。

防御重視型ツリー

俗にガードツリーと呼ばれる、ガードスタンスを中心にしたスキルツリーです。
ジャストガードを活用することで、ガードスタンスアドバンスにより火力を補うことも可能です。

防御重視型ツリー
スキルシミュレーターで見る
防御を極めると言うよりは、高難易度クエストでの生存率を高めるバランス型となっています。
自分の好みやプレイスタイルに合わせてカスタマイズして下さい。

画像 スキル名 優先度 解説
HPアップ1 HPアップ1 必須 多くのスキルの前提となるスキル。
まずはこのスキルをLv5まで取ろう。
JAボーナス JAボーナス1
JAボーナス2
必須 1と2の効果は乗算され、両方Lv10で121%となる。
どちらも全振りすべきだが、育成中であれば、
1と2のレベルが均等になるように振っていった方がお得。
ガードスタンス ガードスタンス 必須 防御を重視するなら必須のスキル。前提スキルでもある。
Lv9まではデメリットが存在する。早めにLv10にしてしまおう。
ガードスタンスアドバンス ガードスタンスアドバンス 必須 ガードスタンス中にジャストガードを成功させると、
一定時間ダメージボーナスを得るスキル。
ガードスタンスを使用するのであれば全振りしたい。
ウォークライ ウォークライ 高いHPを活かして、タンク役になるなら必須のスキル。
ウォーブレイブの前提スキルとして使う場合は3振りでOK。
ウォーブレイブ ウォーブレイブ ウォークライを習得するなら全振りしたいスキル。
緊急時のPP回復手段としても有用。
ソードギア
ワイヤードランスギア
パルチザンギア
ソードギア
ワイヤードランスギア
パルチザンギア
自分が使用する武器のギアは必ず振っておこう。
ハンターの武器を使わない場合は、必ずしも必要ではない。
レアマスタリーハンター レアマスタリーハンター ☆10以上の武器を使うのであれば1振りしておきたいスキル。
Lv2以降を習得する価値はほとんどない。
ハンターギアブースト ハンターギアブースト ハンター武器のギアゲージの上昇率にボーナスを得るスキル。
最低でも1振りはしておきたい。メインクラスのみ有効な点に注意しよう。
フラッシュガード1 フラッシュガード1 打撃・射撃ダメージを軽減するスキル。
「マッシブハンター」の前提スキルであり、前提分は3。
ポイントに余裕があれば全振りしても良い。
乗算で適用されるため、JAボーナスのような上昇系とは逆に、
どちらか片方に集中的に振った方がわずかにお得。
1と2の両方に全振りすると、かなりの硬さになる。
フラッシュガード2 フラッシュガード2 防御を重視するなら是非とっておきたいスキル。
乗算で適用されるため、JAボーナスのような上昇系とは逆に、
どちらか片方に集中的に振った方がわずかにお得。
1と2の両方に全振りすると、かなりの硬さになる。
マッシブハンター マッシブハンター ダメージを減少させ、打ち上げや吹き飛ばしも防ぐスキル。
習得する際は残りのSPや自分のプレイスタイルと相談して決めよう。
チャージパリング チャージパリング ハンター武器のチャージPA開始時にジャストガードが可能になるスキル。
ガードスタンスアドバンスと非常に相性が良い。
振るなら全振りしたい。
オールガード オールガード 全方向からの攻撃をガード可能になるスキル。
ガードスタンスアドバンスと非常に相性が良い。
ジャストガードPPゲイン
ヒーリングガード
ジャストガードPPゲイン
ヒーリングガード
ジャストガード時のメリットを最大限に引き出すためのスキル。
ガードスタンスアドバンスと非常に相性が良い。
ステップアドバンス ステップアドバンス 振るなら4振りまたは全振り。
他クラスにも同じスキルが存在するため、サブクラスで取るのも可。
オートメイトハーフライン オートメイトハーフライン HPが50%未満になったとき、自動でメイト系アイテムを使用するスキル。
習得するなら全振りしたい。
フラッシュテックガード フラッシュテックガード 現状では法撃攻撃を使うエネミーが少ないため、優先度は低い。
ガードスタンスアップ ガードスタンスアップ ガードスタンス中の打撃耐性をアップするスキル。
射撃ダメージは軽減できないので、フラッシュガードを優先したい。
アイアンウィル
ネバーギブアップ
アイアンウィル
ネバーギブアップ
ある程度の事故防止にはなるが、確実ではないため優先度は低い。
ネバーギブアップはアイアンウィルを使うなら取っても損はない。
HPアップ HPアップ2
HPアップ3
数字が大きいものほど効果が高い。
1,2,3全てをLv10にすることでHP+225となる。
アブソプション アブソプション ガードスタンス中に一定範囲内でエネミーが死亡すると、
自分のHPが回復するスキル。
アルティメットクエストなどでの活躍が期待できる。
ガードスタンスポイズン
ガードスタンスバーン
ガードスタンスポイズン
ガードスタンスバーン
ガードスタンス発動時・任意解除時に、対応した状態異常を回復する。
状態異常を防ぐ効果はないので取る意味はほぼないと思われる。
「プリティグッド」の前提スキル。
プリティグッド プリティグッド 自分が受けた状態異常の時間を短縮するスキル。
状態異常がすぐに治るようになるだけなので、優先度は低い。

サブクラス用ツリー

ハンターはサブクラスとしても非常に優秀なクラスです。
サブクラスとして使用する際は、上記2種のどちらかをサブクラス用に調整する形になりますが、以下のスキルはハンターがメインクラス時のみ有効です。
サブクラスでは無駄になってしまう点に注意しましょう。

画像 スキル名 優先度 解説
ハンターギアブースト ハンターギアブースト 不要 ハンター(Hu)がメインクラス時のみ有効
ガードスタンスアドバンス ガードスタンスアドバンス
ウォーブレイブ ウォーブレイブ
レアマスタリーハンター レアマスタリーハンター
オールガード オールガード
ジャストガードPPゲイン ジャストガードPPゲイン

EP4対応版 スキル振りシリーズ

ABOUT THE AUTHOR

SOULチームマスター/管理人風魔
「SOUL」のチームマスター。
「D・ビブラス飼育キット」や「看板もち」をデザインしました。
PSO2では主にクレインというキャラクターを使用しています。
Return Top